受験とアロマ

study_night_girl

ヘルニアを患って1週間目のハコベです。

日に日に改善していますが、足のだるさや違和感はこの先も残り続けるのか…不安になっている今日この頃です>_<;

背骨にかかる重力が多いほど神経を圧迫する軟骨が飛び出やすくなるので、牽引療法等で減圧して骨に負担がかからないようにしています。が!病院に行って帰って、座って待っている時間に悪化している気がして…病院に行くのがいいのかわからなくなります@△@!

 

 

ハコベの悩みはさておき、、w

 

本日は「受験シーズン到来!」

とのことで、受験とアロマについて考えたいと思います。

 

 

前置きとして、妊婦さんとアロマについて少々お話します(●^―^●)

 

私は出産した経験はありませんが、妊婦さんは出産日が近づくと期待や緊張、不安が大きくなり、いざ出産時には痛みなどでパニックになる方もいるそうです。

そんな時、そっと心を落ち着かせてくれる手段としてアロマがあります。

 

お気に入りの香りを見つけ、普段、心が落ち着かなくなったら“レスキュー”として香りをゆっくり嗅ぎます(u0u)スゥ~

「安心の香り」を身体と心に覚えてもらうのです❀

そしていざ本番。

不安と痛みでパニックになりそうになったら、その香りを嗅ぐ(^u^)

すると、パニックの波から少し抜け出せる人もいます。

最近では分娩室やオペ室にアロマを焚いてくれる病院も増えてきました。

 

このようにアロマは心のコントロールの「お助け」として

医療現場でも実践されるようになってきているんですね(・ω・)/

 

 

 

出産と受験は異なることですが、出産日や受験日にかけての期間、当日の緊張・不安・悩み・迷いなど、心理的に似ているところもあると思います。

 

不安や悩みの質は違っても、心のコントロールは〝ここぞ!!″という時に大切なものです(>_<)

 

試験や面接、人前で試されるのはとても緊張しストレスが多くなりますよね。

 

いつもの自分が出せない。

焦ってしまう。

試験会場で雰囲気に飲まれてしまう。

 

この日のために努力してきたからこそ、当日、力が入りすぎたり、周りが気になって集中できなくなることってあると思うんです(・_・;)

 

そんな時こそ、平常心!

でも、平常心ってどうやって作るの?!!

 

平常心の作り方は人それぞれです。

深く深呼吸をしたり、手をマッサージしてみたり…

自分なりの方法が見つかれがこっちのものです!

 

その方法の一つに、五感を刺激し、ストレスの緩和が期待できるアロマがあります(❀^▽^❀)

 

妊婦さんの例と同じく、自分の落ち着く香りを見つけて、心が動揺した時にそっと香りを嗅ぎます。

受験会場などでは、他の学生さんの邪魔をしないように、

精油を1滴ティッシュペパーなどに垂らし、口元に近づけてゆっくり呼吸を繰り返してみましょう。

 

 

香りの種類は、当人が実際に香りを嗅いで一番しっくりくるものを選んでいただくのがいいかと思いますが、参考までにいくつか精油をご紹介いたします。

 

  • スッキリ頭脳明晰になれるような香り

ペパーミント、ユーカリ、パインなど

  • リラックスで心を落ち着かせるような香り

オレンジ、ベルガモットなど馴染のある柑橘系の香りなど

ラベンダーなどのお花の香りなど

 

 

 

受験勉強で集中できないとき、不安で押しつぶされそうなとき、試験会場へ向かう電車の中で、そして試験や面接前に、そっと香りをクンクン。

「心のお守り」として、アロマがお役に立てることがあるかもしれません。

 

お近くにアロマショップなどがありましたら、香りのレスキューを探しに行かれるのもいいかもしれませんね(^^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です